2030年までのSDGsの目標達成には、NGO個々の力のみでなく、企業と連携した取り組みができないかということで、NGOと企業の連携の模索を2019年から進めてきました。

この取り組みを拡充するため、「おきなわ国際協力プラットフォーム(OIC-PF)」は、沖縄らしいSDGsの実現のため、特に国際協力の観点において、企業やNGOや官公庁、大学、個人などがともに活動できる場づくりを目指して、JICA沖縄の事業として、2020年10月にスタートしました。現在46団体・個人が加盟しています。

連携を進める中で、「外国人材」や「環境」、「食育」、「平和」など各々の皆さんの専門に応じて、分科会が形成されています。現在月に1度のペースでそれzれの分科会を開き、社会課題解決に向けた取り組みを話し合っています。

詳細は、OIC-PFのHP 

https://oicpf.org/ 

ご参照ください。